包丁の匠

包丁の匠の選び方


包丁は普段の料理に使う道具として最もポピュラーなものですので、一番不具合が生じてしまう道具です。そのため手入れも欠かせないところですが、毎日の手入れは面倒ですしもともとそれほどの切れ味のものではないという場合にはそれほど手入れが要りません。しかし切れ味がいい包丁でないと料理が不便でストレスが溜まってしまいますので、包丁には凝って選ぶことをお勧めします。

包丁を選ぶといっても料理用の刃物には多くの種類があります。牛刀、薄刃、柳刃、出刃などです。こういった刃物はすべて固いものを切るときや魚を切るとき、野菜を切るときなどに使い分けるものですが、こんなにたくさんの刃物が家に置いてあると困ってしまいますし、手入れが非常に面倒ですので、専門の料理人でないという場合にはこういったものを持つ必要はありません。
家庭で使用する包丁として最適なのは三徳包丁というものです。これはいわゆる万能膨張というもので分厚い刀身と握りやすいつかの部分が特徴です。これはスーパーなどでよく見かけますし、肉・野菜・魚などなんでも切ることができますので、一人暮らしを始めるという方や料理の初心者の方はとりあえずこれを一本とまな板を買っておけば事足ります。さらにこのようなタイプの値段は最低100円ですので、非常に簡単に手に入ります。
そうして料理に慣れてきたら次は牛刀というものを使用することをお勧めします。これは西洋で肉や野菜を切るために作られていたものですが実際はなにを切るにしても便利がいいですし、さらに万能なものよりも切りやすいように刀身が長くなっているので力をかけずに着ることがでいるようになっています。そのため料理の匠などはこれを使用していることが多いです。
さらに先端がとがっているという点も万能なものとは異なる点です。先端が丸いと切り込みや筋霧といったことが難しいですが、これなら簡単ですしキャベツやスイカといった大きなものでも一度に切ることができます。しかし注意すべきでゃ先端がとがっているので自分の手なども切れやすいですので料理に集中する型でないと使用するべきではないです。
この包丁はホームセンターで購入できますし、価格も1000円から3000円とそれほど高価というわけではありません。そのため少しよく切れる包丁がほしいと思った時にはすぐに買うことができます。4000以上のものもありますがそれは切れ味が段違いにいいものですので、匠などが一生使うという場合には購入するのがいいです。

Copyright© 2014 プロが教えるホントの包丁の選び方と切れ味の知り方All Rights Reserved.