堺の包丁と細工

堺の包丁と細工を施すことについて


包丁は通常ではキッチンなどで調理を行う際に使用する道具になり、一般的なご家庭でも広く用いられているものになります。食品を製造するような場所として、給食を作ったり、飲食店などの厨房などでも使用されているものを目にすることができ、基本としては食材などを切り込む際に用いるものとして認知されています。

国内では包丁について、いくつもの有名ブランドというものが用意されていますが、その中でも特に有名とされているものには堺の包丁と呼ばれているものがあります。堺の包丁といっても非常に数多くの職人が存在しているもので、同じ地域で発祥しており600年もの歴史を有していることでも有名です。

包丁としての性能に関しても非常に優秀なアイテムとしても有名になり、鋭い切れ味を持っているものが販売されているために、各方面で採用されている実績を持っています。そんな中、包丁の使い方として、通常の食材をカットする作業としてだけではなく、時と場合によっては細工と呼ばれているものを製作する際に利用されている場面もあります。

細工とは食材に対してデザインを施すことを指しているものになり、例えばフルーツや野菜などに対して、生き物の形を製作したり、各種模様を付けたりすることも行われています。職人と呼ばれている方も各業界で多数存在しているのですが、似ているような内容を持っているものには、氷を活用して芸術作品を作り上げることも注目されています。

氷をノコギリやノミなどを利用して造形を施す内容を持っているものですが、包丁を使った細工に関しても同じようなニュアンスを持っています。

例えば弁当などを作る作業を行う際には、子供向けとして喜ばれるように、食材を動物などに似せてカットすることも行われていて、飲食店などの場合でも同様に、来店されるお客様が楽しめるように、食材を利用して造形を施すことが披露される場面もあります。

効果としてはメインとされる食材を引き立たせる効果を持っているものもありますが、包丁を利用するための技術を見せる大切な場面でもあります。

実際にメディアなどでは全国の料理人などを対象として包丁で食材をカットして造形を行う技術を競い合う大会なども開催されたことがあり、腕を競うという意味でも活用されています。

この点に関しては、堺の包丁では元々が優れた切れ味を持っているために、種類によっても大きく変わることになりますが、造形に対して向いているスタイルを持っているものも用意されているために、技術の向上にも活躍することができます。

Copyright© 2014 プロが教えるホントの包丁の選び方と切れ味の知り方All Rights Reserved.